0

少々お待ちください

Why not use this time to clean your screen? It's filthy.

Rome wasn't built in a day, so what did you expect of a 3D-modeled, interactive city?

By the way, what's your lucky number? Mine is 76.

Don't rush it: we are marinating our work in creative juices.

Great things come to those who wait. But don't wait too long, great things also like assertiveness.

We'd let you in now, but we don't want to break the heart of the guy who animated the spinning logo.

Our Reel

ドラッグ&ドロップ

戻る

東京

Lululemon

SOCIAL, LIVESTREAM

2019, 2020

次へ

昨日よりしなやかな私へ

ウェルネスとマインドフルネスを日本にもたらすということは、大きな野望のように聞こえるかもしれません。そこで、野望的な私たちがルルレモンと共にこれを実現しようと思います。スポーツウェアメーカーであるルルレモンは、私たちUSNの創造力を最大限に活用して、ソーシャルメディアではルルレモンファンに寄り添うように、またデジタルでも対面型のイベントでも、ファンのみなさんが汗を流しながら成長できるような、そんなコンテンツ制作をサポートしています。私たちはコミュニティを作り、心が動くストーリーを語り、みんなのライフスタイルをより活気に満ちたものに導きました。このようにしなやかで、柔軟性のあるエージェンシーはいかがですか?

一緒に汗をかいて、共に成長しよう

汗を流すためのブレイクをとってみない?

USNが監督・制作したスキマ時間で見れちゃう#sweatlifeのオンライン体験シリーズで、家から出れない人々のライフスタイルにしなやかな変化をもたらすことができました。このヨガを中心としたアクティベーションは、心を揺さぶるヨガの旅を始めたいと思っている人々を対象にしています。ルルレモンアンバサダーは、初心者でも簡単に自宅でできるヨガのエクササイズを様々なチュートリアルで紹介。 その結果、35万人にリーチし、SNS上では2.2%のフォロワー数を獲得しました。SNS上での成功を通じて、このコンテンツシリーズはアジア太平洋地域のすべてのデジタルプラットフォームでもシェアされました。

物語の特集

コミュニティーのその先へ

コミュニティは、同じ価値観を共有する人々が集まって初めて成長することできます。しかし最も難しいのは、ブランドの価値観に共感してくれる人たちを見つけることです。そこで私たちは、Lululemonの店舗周辺の地元企業を対象にしたソーシャルキャンペーンを企画し、地域のコミュニティをサポートしながら彼らのライフスタイルを紹介しました。このような地域に密着したコンテンツは、Lululemonのファンに帰属意識をもたらし、ライフスタイルを通じたつながりが生まれ、Lululeulemonの為の本物のストーリーが生まれました。